飛田新地の求人サポートサイト

― 大阪・飛田新地で働きたい女性のための飛田求人情報サイト ―

他の風俗店より飛田新地の料亭のほうがたくさん稼げる?

飛田新地は稼げると噂を呼び、ニュースでも取り上げられるくらいです。ニュースになる金額としては、1日に15万円以上、1週間で100万円以上。つまり一ヶ月で400万近く稼いでいる人も。

流石に、一ヶ月で400万円という数字は、フルタイムでかなりハードな数をこなす必要が出てきますが、1週間に80万円稼ぐというのは可能です。もちろん、お客さんがつくという前提はありますが。

では実際に、どれくらいの違いがあるのでしょうか比較してみました。

女の子の中で高収入と言われている仕事比較

女の子の中で高収入と言われている仕事やバイトは、以下のものがあります。

  • ソープ
  • デリヘル
  • ホテヘル
  • ソフト系(オナクラ・イメクラ)
  • ピンサロ
  • エステ・マッサージ系

どれも風俗やヘルス系の高収入バイトと言われるものですが、どれくらい稼げるかどうかと言ったら、もちろん女の子によります。しかし、業態によっては客単価が変わるため、その分働く女の子へのバックも違ってきます。

ソープ

ソープは、飛田新地の料亭と方向性が近いです。お風呂の中でソープ嬢と自由恋愛をするという観点では、そっくりです。では、どれくらいの収入なのでしょうか。

超高級店、高級店、一般店、大衆店というものに分かれます。1日3人接客をした平均は、以下のようなお給料が平均です。また、女の子へのバック率は50%として、おおよその計算を算出しています。

  • 超高級店:日給12万円以上
  • 高級店:日給8万円
  • 一般店:日給6万円
  • 大衆店:日給4万円

お店やシステムによって上下しますが、お客さんがついてたくさん稼げるようになると、その分稼げるようになります。例えば、90分~120分で8万円の超高級ソープでは、拘束時間2時間以上で4万円です。かなりの数をこなせば稼げるとはいえますが、飛田新地の料亭と比べると相当頑張らなくてはいけません。

また、お客さんの単価が高い高級店であればあるほど、未経験者や初心者にはハードルが高いでしょう。

デリヘル

店舗を持たずに運営しているデリヘル(デリバリーヘルス)は、高級店と一般店、そして大衆店に分かれます。

  • 高級店:日給10万円以上
  • 一般店:日給3~6万円
  • 大衆店:日給2~3万円

ヘルス系の接客業なので、挿入されることは基本的にありませんが、特定の場所に行くことになるため、拘束時間が長くなります。移動距離もハードになるため、効率良く稼ぐという観点で言うと大変かもしれません。

ホテヘル

ホテヘルは、デリヘルと違い、高級店はほとんど存在しません。デリヘルと同様に移動する必要がでてくるため、拘束時間が長くなります。高級店が存在していないため、飛田新地ほど稼ぐのは難しいでしょう。

  • 一般店:日給3~6万円
  • 大衆店:日給2~3万円

ソフト系(オナクラ・イメクラ)

ソフト系と言われる、オナクラやイメクラの場合、高級店は存在しません。

  • 一般店:日給3~6万円
  • 大衆店:日給2~3万円

バック率50%で考えると、お客さんの落とす金額がそれほど大きくならないため、1日に5万円以上稼ぐのは相当頑張らなくてはいけません。

ピンサロ

ピンサロは、一般店が多く日給で1万円から3万円程度です。かなりお客さんを取れる方でも日給5万円いくかどうか。
ライトな形態なので、ちょっとしたお小遣い稼ぎのために若い方中心に集まります。

エステ・マッサージ系

エステやマッサージ系も、高級店と一般店、大衆店に分かれます。高級店に入ることができれば、それだけ高収入を得ることができます。

  • 高級店:日給10万円以上
  • 一般店:日給3~6万円
  • 大衆店:日給2~3万円

飛田新地の料亭と比較してみると?!

女の子向けの様々な高収入バイトはありますが、時間的な拘束を考えると1プレイ1時間~2時間程度かかってしまいます。飛田新地は短いもので15分から。一番人気あるものは20分と短時間で仕事をこなすことができます。

さらに飛田の方が楽という意見が多いのは、お客様に対してのご奉仕(舐めたり、舐められたり、手コキなど)が体力を使うため、一日に何人ものお客さんを相手にするとバテてしまうというのもあります。

短時間で多く稼ぐ。さらには、写真など残らず身バレしにくいというのも魅力の一つかもしれませんね。