飛田新地の求人サポートサイト

― 大阪・飛田新地で働きたい女性のための飛田求人情報サイト ―

風俗業界でよく聞く『完全自由出勤制』はどこまで自由が許される?

2020.09.20

今回は、ナイトワーク業界の求人を見ている時に、よく目にする『自由出勤制』『完全自由出勤OK』という言葉について、どこまでの自由が許されているのかについて考えてみたいと思います。
最近では、飛田新地の求人を取り扱うサイトなどでもよく見かけるようになっていますが、キャバクラやデリヘル、ソープなど、いわゆるナイトワークの求人情報には『自由出勤OK』といった文句を見かけることが多いです。今まで一度もナイトワーク関連のお仕事に就いたことが無い人であれば「自由出勤ってどこまで自由なの?」「気が向いたときに出勤すれば良いの?」などと、自由出勤制の意味について疑問に思ってしまう場合が多いようです。

言葉だけを見れば「好きな時に出勤して働けばよい制度」と読み取れてしまうため、Wワークができる仕事を探している人にとっては、これほどありがたい制度はないと思えてしまうことでしょう。しかし、「全てが自由」と考えているのであれば、それを真に受けてお店の面接に行くのはちょっと待った方が良いですよ。
自由出勤制については、完全にフリーダムというわけではなく、他のアルバイト同様にシフトはちゃんと決められるものなのです。そこで今回は、ナイトワーク初心者の方が間違えて考えてしまうことが多い『自由出勤』の意味についてご紹介します。

自由出勤制は完全なフリーダムではない!

それではまず、ナイトワークでは当たり前となっている『完全自由出勤制』がどういったものなのかをご紹介していきましょう。今まで一度も業界で働いてことが無い…という方が『完全自由出勤』などと聞くと、「気が向いたときに出勤して、面倒になったら帰れば良い」なんて働き方が認められる…と考えるかもしれませんが、さすがにここまでとんでもなくフリーダムな働き方ではないですよ。

例えば、コンビやファミレスなどのアルバイトをイメージして頂ければ良いのですが、どのようなアルバイトで働くにしても、自分のシフトというものがあり、「毎週、月・水・金曜日の12:00~19:00まで働く」といったような事前のスケジュールが組まれているものですよね。

実は、キャバクラやデリヘルなどのナイトワークもその点は同じで、事前に『シフト』というものは組むのです。こう聞くと「全然自由じゃないじゃん…」と思ってしまうかもしれませんが、一般のお仕事と違うのは、このシフトを自由に組めると言う点で自由出勤制と呼ばれるのです。
例えば、今週は月~水まで働くけど、来週は土日だけ出勤する、その後は2週間休みを取るみたいに、自分の都合に合わせて、その都度自由なシフトを組むことができるのです。一般的なアルバイトは、お店を回すための最低限の人員を用意しないといけないため、ここまで毎週出勤する曜日が違う…なんてシフトはかなり嫌がられます。しかし、ナイトワークの場合は、かなり風変りのシフトでも自由に組むことができるため、自由出勤制を言われるのです。

自由度の高いシフトがナイトワークの醍醐味

上述のように、『完全自由出勤』がうたわれているナイトワーク業界であっても、シフトを全く決めずに気が向いたときにだけ出勤する…というものではないのです。あくまでも、自分の都合に合わせて『自由』にシフトの申請ができるということですので、この辺りは勘違いしないでおきましょう。

こう聞くと「そこまで自由度は無いんじゃない?」などと不満に思ってしまう人もいるかもしれませんが、事前に自分の予定がわかっているのであれば一般のアルバイトとは比較にならないほどの自由度があります。例えば、この業界には『レア出勤』という言葉もあるのですが、これは「月に1度しか出勤しない」ような状態を指しています。通常のお仕事であれば、認めてくれるお店の方が少ないような働き方ですが、ナイトワークであればレア出勤を咎めるお店などほとんどありません。しかも、次月はお金を稼ぎたいからと週6で出勤するなど、自分の都合に合わせたシフトを組むことができるのです。

さらに、出勤のスケジュールに関しても、直前に確定させることもできるという自由度もあります。普通であれば、1カ月前にシフトを組まれてしまい、その間は自由がなくなる…というのが当たり前なのですが、ナイトワーク業界では、前日に出勤を確定させればOKというお店も多いのです。また、出勤とシフトを組んでいる場合でも、出勤予定時間までに連絡すれば、当日欠勤したとしてもそこまで怒られるようなこともありません。
もちろん、当日欠勤はお店に迷惑がかかりますので、頻繁にするのはNGですが、きちんとした理由さえあれば、特に問題になることはありません。

自由出勤制の注意点

自由出勤制の意味やそのメリットについてはある程度分かっていただけたと思います。ナイトワーク業界の言う『完全自由出勤』は、あくまでも出勤予定などのシフトは組むものの、そのシフトは自分の都合に合わせて自由に決められるという意味で使われているのです。しかも、前日に出勤するかどうかを決めれば問題ありませんし、きちんとした理由さえあれば当日欠勤も許されるという緩さが醍醐味になるのです。
飛田新地の求人情報にも、自由出勤OKなどと記載されていることが増えていますが、飛田新地は他のナイトワークと少し働き方とお店の仕組みが異なりますので、自由出勤が難しい場合もあります。もちろん、本当に自由出勤制を取っているお店もあるのですが、中には自由出勤にしたいと面接で言った時点で落とされてしまう…なんてこともあるのです。したがって、飛田新地で働く場合は、他のアルバイトよりは自由度が高いものの、ナイトワーク全体の自由出勤制よりは自由度が低くなるかもと考えておきましょう。
以下に、ナイトワークにおける自由出勤制の注意点をご紹介しておきますので、こちらも覚えておきましょう。

頻繁な当日欠勤は嫌われる

上述したように、ナイトワークでは事前に連絡がある場合に限り当日欠勤は認められる場合が多いです。これは、シングルマザーの方が多く働いていることやWワークとしてナイトワークで働いている方が増えてきたため、正当な理由がある限りは罰金などなしに認めてもらえているということです。
しかし、いくら認められるからといって、正当な理由もなしに頻繁に当日欠勤していたのではお店からの信用がなくなってしまいます。当時欠勤する女性が出た場合、お店側は急いでかわりに出れる女の子を探さなければならないため、本当は多大な迷惑をこうむっているわけです。したがって、何度も連続で当日欠勤してしまうような女性は、徐々に出勤を減らされてしまい、干されてしまうことになります。
お店からすれば、やる気がないなら他のやる気がある子を優先して出勤させてあげたいと思うのは当たり前ですので、自由出勤だからとあまり自分勝手な行動をとっていると損をしてしまう結果になるでしょう。

シフトを固定した方が良い場合もある

飛田新地の様な業界であれば、「いついるか分からない…」という女性よりも、「〇曜日の〇時から必ず出勤している」といった女性の方がリピーターがつきやすい傾向にあります。飛田新地の様なお店でも、常に新規顧客を獲得して稼ぐというのはなかなか難しいものです。したがって、稼げている女性の多くは、自分の顧客というものを必ず持っているのです。
こういった常連さんは、決まった日に遊びに来る方が多いため、不定期な出勤体制を取るのではなく、ある程度固定しておいた方が稼ぎやすいと言われています。

まとめ

今回は、ナイトワーク業界に存在する『完全自由出勤制』について、これがどういった意味を持っているのかについてご紹介してきました。『完全自由出勤』と聞くと、好きな時に出勤して嫌になったらいつでも帰って良いといった働き方をイメージしてしまう人がいるのですが、さすがにそこまでフリーダムな働き方ではなく、あくまでも自分の都合に合わせたシフトが組みやすいという意味です。

Wワークで働く方が増えてきたナイトワーク業界は、多くのお店で自由出勤制がとられるようになっているのですが、その意味合いを微妙に取り違えている方が多いです。なお、飛田新地に関しては自由出勤制ではないお店の方が多いため、どうしても自由出勤でなければ嫌だ…という場合は、面接の時点できちんと聞いておく必要があるでしょう。ただし、飛田新地で稼いでいこうと思えば、いつ出勤しているか分からない…といった働き方になると、常連客がつきにくくなってしまいます。自分は、いくらでも新規を取れるという自信があればそれでもかまいませんが、そうではない場合、出勤する曜日ぐらいは固定しておくのがオススメですよ。

この記事を書いたスタッフ

スタッフS

飛田新地でのおススメのお店からライフスタイルのご提案、稼ぎたい金額の目標設定まで幅広くお話させていただいておりますのでお気軽にお問い合わせください。

LINE応募が簡単

ご質問・ご相談はこちらから