飛田新地の求人サポートサイト

― 大阪・飛田新地で働きたい女性のための飛田求人情報サイト ―

飛田新地で働くなら、絶対におさえておきたい『移籍』のルール

2020.10.20

今回は、飛田新地の暗黙のルールをご紹介したいと思います。インターネットなどでも、女性が稼げる場所という情報が多く出回っていることもあり、最近では他のナイトワークから飛田新地に移ってくる方が増えています。実際に、近年の飛田新地は、関西でも有数の稼げる場所どころか、日本全国で考えてもトップクラスに稼ぎやすいと言われているため、他の地域から出稼ぎでやってくる方も非常に増えています。

しかし、飛田新地には、他のナイトワークにはない暗黙の了解というものがありますので、ナイトワーク慣れした女性は注意しなければならないのです。それは何かというと、飛田新地で働き始めて「他の料亭でも働いてみたいな…」と考えるなど、お店の移籍に関するルールです。
ナイトワーク業界では、お店を辞める時や他のお店で働きたいと思った際に、もともといたお店に何の断りもないまま、突然お店に出なくなって飛んでしまう方も少なくありません。実際に、現在何らかのナイトワークで働いている方の中には、以前お店を飛んでしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?正直な話、「もう働きたくない…」と考えた場合、ナイトワークであれば、引き止められることもありますしバックに怖い人がいたら…なんてことも気になり、いきなりお店に出なくなるという行為は非常に多いのです。

しかし、他のナイトワークのように飛田新地でもこういった行為を行ってしまうと、トラブルに発展してしまう可能性があるのです。特に、飛田新地から足を洗うつもりはなく、他のお店に移籍したい…なんて場合にこれをやってしまうと、次に働きたいお店の面接に行っても絶対に雇ってもらえないのです。ここでは、皆さんがおさえておきたい、飛田新地の退店&移籍に関するルールをご紹介します。

退店&移籍でトラブルにならないためには?

近年では、インターネットの情報などで「飛田新地で働きさえすれば誰でも稼げる!」といったような情報が出回っています。実際に、飛田新地が日本有数の稼げる場所なのは間違いない事実なのですが、どのお店に入店しても同じぐらい稼げるというわけではないのです。実は飛田新地というものは、人通りが多い場所とそうでない場所が存在しており、お店の立地によって稼ぎやすさが大きく変わってしまうのです。

そのため、入店してみたはいいものの「客層が合わない…」「お店の立地が悪すぎる…」「仲居のおばちゃんと相性が悪い…」などと言った理由で、他のお店に移籍したいと考える方も少なく無いのです。それでは、飛田新地内で働き続けたいと考えているものの、働く料亭は変えたい…と考えた場合、どのような手順を踏めばトラブルを避けられるのでしょうか?
以下で、トラブルにならない正しい移籍の手順をご紹介しておきます。

STEP1 在籍しているお店のオーナーと話し合う

最初に言っておきますが、飛田新地の料亭は『移籍』が禁止されているわけではありません。きちんとルールを守ったうえでなら、何の問題もなく移籍ができる業界で、その辺は他のナイトワークよりも引き止めなども少ないと思います。しかし、あなたがルールを守らなかった場合には、確実にトラブルになってしまうのです。

移籍を考えた際に、最もやってはいけないのが、「急に連絡が取れなくなり、理由も分からずに辞めてしまう…」という、いわゆる『飛ぶ』というやり方です。冒頭でご紹介したように、ナイトワーク業界ではありがちな手法なのですが、これをしてしまうと飛田新地のお店では雇ってもらえなくなると考えましょう。そもそも、一社会人として考えてもこの辞め方はおかしいですよね。

お店を辞めたい、移籍したいと考えた場合には、その意思をお店のオーナーやママさんに伝えましょう。そして、お互いがきちんと理解しあえるように話し合わなければいけないのです。お店側からすれば「なぜ移籍したいのか?」と言う点は気になりますので、移籍したいと考えた理由をしっかりと伝えましょう。これをすれば、「絶対に辞めさせない!」なんて言ってくるお店はありません。

STEP2 OKがでたら次の店を探す

移籍することをきちんと認めてもらえたら、次に働きたいお店を探しても大丈夫です。飛田新地内での移籍の場合、次の料亭の面接時に、前の料亭でいつまで働いていたのか、お店に移籍のことは伝えているかなどを聞かれますので、正直に答えてください。
この際に、新しいお店から以前働いていたお店に入店させても問題がないかの確認が必ず行われるのです。もし、きちんとした手順を踏まずに「飛んでいた…」なんてことになれば、新しいお店で働くことはできません。飛田新地のお店は横のつながりがしっかりと有りますので、ウソをついてもすぐにバレてしまいます。
そうなると、せっかくの稼げる場所がなくなってしまうので、あなただけが損してしまうのです。ちなみに、飛田新地のオーナーは、関西の他の『新地』にもお店を持っている人が多いので、関西中の『新地』で働けなくなる可能性すらあるのです。

その他の注意点について

飛田新地内での移籍のルールは分かりましたね。上述したように、飛田新地は狭い範囲内にお店がひしめき合っているため、横のつながりもしっかりと有り、無断移籍というのはすぐにバレてしまうのです。そうなると、あなただけでなくお店側にも迷惑をかけてしまいますので、絶対に正しい手順を守って移籍するようにしてください。
なお、飛田新地は以下のようなルールもあるので覚えておきましょう。

引き抜き・スカウトが客としてきたら報告する

飛田新地で働いている女の子に関しては、引き抜きやスカウト行為が禁止されています。
したがって、客としてきた人が引き抜きしようとしてきた、新地内を歩いていたらスカウト行為を受けた…なんて場合は、即座にお店に報告するようにしましょう。自分は移籍するつもりがない場合でも、お店に変な情報が入れば「あなたが引き抜きを受けたことを隠していた!」などと、疑われてしまう可能性があるのです。余計なトラブルに巻き込まれないためにも、こういった行為はすぐに報告してください。

引き留めがしつこい店もある

飛田新地でも、立地が良く集客力があるお店であれば、「辞めたい」と相談すれば特に引き止められることもなく辞められる場合がほとんどです。しかし、立地が悪いお店というのは、お客様が少ないことから女の子集めに困っている…なんて場合があるのです。
こういったお店に入店してしまった場合、「辞めたい」「お店を移りたい」と話しをしても中々了承してくれない場合があるのです。しかし、稼げないお店でいくら働いても意味がありませんので、オーナー様に引き止められても自分の意思を強く持ち、『辞めたい』ということを伝え続けて下さ。
正直な話、やる気のない子をだらだら雇っていても意味がありませんので、自分の意思をしっかりと貫くことができれば、絶対に辞めることができます。

まとめ

今回は、これから飛田新地で働いてみようと考えている方がおさえておきたい業界の暗黙のルールをご紹介してきました。ナイトワーク業界では、お店に辞めると伝えて引き止められるのを面倒に思い、連絡もせずに飛んでしまう…という辞め方を当たり前のように行っている方がいます。確かに、辞めることだけを考えた場合、話し合いの時間や引き止めなど、煩わしい問題がないため便利なように思えます。

しかし、一人の社会人としての行動としてみれば、これほど無責任なことはありません。特に飛田新地では、絶対にタブーとされている辞め方ですので、こういったやり方を選んでしまうと、二度と飛田新地内で働くことができなくなってしまう可能性があるのです。
当たり前のことですが、辞めたい、移籍したいと考えた場合には、まずお店のオーナーと話し合いを行い、きちんと正しい手順を守りましょう。

この記事を書いたスタッフ

スタッフS

飛田新地でのおススメのお店からライフスタイルのご提案、稼ぎたい金額の目標設定まで幅広くお話させていただいておりますのでお気軽にお問い合わせください。

LINE応募が簡単

ご質問・ご相談はこちらから