飛田新地の求人サポートサイト

― 大阪・飛田新地で働きたい女性のための飛田求人情報サイト ―

もっと稼げるお店に移籍したい!飛田新地で注意しておきたい退店や移籍の注意点

2021.07.22

近年では、夜職の中でもトップクラスに稼げる場所と言われてようになってきた飛田新地ですので、関西地方に住んでいる方だけでなく、日本全国から飛田新地に働きに来る方が増えていると言われています。ただし、いくら稼げると言われる場所だとしても、実際に働いてみたけれど「自分には合わない…」と感じてしまう人もいるでしょう。他にも、別のお店の方が稼げそうに思えてしまうなんてこともあり、今のお店を辞めて他のお店に移籍したいと考えてしまうような方も少なくありません。

しかし、飛田新tには、昔からネガティブなイメージを持っている方もおり、一度入店すると、辞めたいと思った時でもなかなか辞めることができない…と言った話を聞いたkとがあるという方が多いと思います。それでは、お店が会わない…もっと稼げそうなお店に移籍したいと思った時はどうすれば良いものなのでしょうか?他の夜職業界であれば、たくさんのお店がありますので、遺跡など当たり前のように行われていますが、飛田新地は狭いエリアにお店がひしめき合っている業界ですので、黙って移籍しようものならすぐにバレてしまいトラブルに発展してしまうことになります。
皆さんが覚えておきたいのは、飛田新地の退店や移籍に関しては、暗黙の了解というものがあり、これを絶対に守らなければいけないということです。そこでこの記事では、皆さんが知っておきたい飛田新地の退店や移籍に関するルールなどをご紹介します。

移籍や退店を検討する理由は?

いまや日本全国で考えてもトップクラスの稼げる場所と言われているのが飛田新地です。最近では、日本全国から飛田新地に出稼ぎに来る方も増えていますし、もともと他の夜職をしていた方が飛田新地に移籍してくるなんてことも非常に多くなっています。しかし、いくら稼げると言われる業界でも、入店すれば誰でも簡単に稼げるかというとそうではないのです。例えば、以下のような理由で飛田新地で思うように稼げない…なんて方がいます。

  • ●オーナーや客引きのおばちゃんとどうしても合わない…
  • ●立地が悪く店に来る客の質が悪い…
  • ●お店の天引き額が多すぎる
  • ●ランクが高すぎる店に入ってしまい、客が付かない…

飛田新地で働き始めて、上記のような理由で「思うように稼げない…」と悩んでしまう方もいるのです。こういった場合、いつまでもそのお店にいても無意味ですし、退店や移籍を検討することになります。

退店・移籍に関する暗黙のルール

飛田新地など、ディープな世界と言ったイメージがある業界は、一度入店すると辞めるのも移籍するのも苦労してしまう…というイメージを持っている方が多いです。しかし、結論から言うと、きちんと業界のルールさえ守っていれば、退店はもちろん、飛田新地内の移籍に関しても何の問題もなく可能です。実際に、現在飛田新t荷で働いている女性の多くも移籍を経験しているという方は多いです。
注意が必要なのは、飛田新地は非常に狭いエリアにお店が密集していますので、不義理な形でお店を辞めてしまうと、その話が全店に広がってしまい、二度と飛田新地で働けなくなってしまう…なんてことがあるのです。したがって、こういったトラブルを避けるためにも、退店・移籍時の流れはきちんと押さえておきましょう。

STEP1 お店tお話をして「退店or移籍を認めてもらう」

一般的な夜職では、気分が乗らないから…なんて理由で無断欠勤してしまい、そのままその流れで飛んでしまう…なんて辞め方をする場合が現在でもあります。しかし、飛田新地では、このような辞め方は絶対に許してもらえないと考えておきましょう。
働いている店に何らかの不満がある…なんて理由で退店や移籍を考えている場合でも、お店のマスターやママにきちんと辞めたい旨を伝えてから次の行動に移るようにしてください。当たり前のことのように思えますが、夜職業界ではこの当たり前のことすら行わない人が非常に多いのです。現在の飛田新地は、きちんと理由を伝えれば、普通にあなたの意見を聞いてくれます。

STEP2 お店の了承を持って移籍先の面接に

飛田新地内での移籍を検討している場合、在籍しているお店のマスターorママにその旨を話し、お店の了承を貰ったうえで新しいお店の面接に行くようにしましょう。お店の移籍の場合、面接時に「在籍店の了解はあるの?」と必ず聞かれますので、話を通していない限り、次のお店が決まることはありません。

逆に。両方のお店の了承が取れれば、そのまま問題なくお店の移籍が可能です。

飛田新地にある暗黙の了解

飛田新地は、古くから続く日本国内でもかなり特殊なエリアです。非常に狭い場所に多くのお店が存在するということから、他の夜職業界にはない暗黙の独自ルールというものが存在するのです。飛田新地の独自ルールに関しては、長く夜職業界で働いている方でも少し驚くようなものがあるのですが、これを無視してしまうとトラブルになることがあるので、ぜひ覚えておきましょう。

ルール① 引き抜き行為は即報告

飛田新地では、女の子の引き抜き行為は禁止されています。ただし、このルールを無視して、引き抜きしようとするお店も存在するので注意が必要です。
引き抜きの話を持ち掛けてくるときには、すべて「店が責任を持つ」なんて甘い言葉をかけてくるのですが、その行為がバレた時にトラブルに巻き込まれるのは結局引き抜きを幼少下女性側…なんてことがほとんどです。したがって、引き抜きを受けた時には、その話に乗らず、すぐにマスターやママに報告しましょう。

ルール② 無断移籍はNG

夜職業界では、業界内でお店を移籍するなんて当たり前のように行われています。しかし、飛田新地は、非常に狭いエリアにお店が密集している業界ですので、無断で移籍したとしても、すぐにバレてトラブルに発展すると考えた方が良いですよ。そもそも、飛田新地のオーナー同士は、横のつながりを持っていますので、そういった女の子の悪行はすぐに広まってしまいます。
無断移籍は、「引き抜いたのか!?」とお店同士のトラブルに発展してしまう可能でもありますし、何も良いことはないので絶対にやめておきましょう。上述したように、強い心を持って、辞めたい理由を伝えれば普通に辞めることはできる業界になっています。なお、飛田新地のオーナーは、他の新地にもお店を持っている方が多いので、飛田新地でトラブルを起こした場合、大阪中の新地で働けなくなる可能性があります。

まとめ

今回は、飛田新地での退店や移籍に関する基礎知識についてご紹介してきました。飛田新地は、他のナイトワークと比較してもその特殊性が注目され、一度入店すると辞めるのにとても苦労しそうだ…というイメージを持っている方が多いと思います。しかし、この記事でご紹介したように、飛田新地のお店では、一般企業と同じようにきちんと辞めたい…移籍したい…という申告をしっかりすれば、意外とすんなり女性側の意見を通してくれるものです。
というのも、最近では女性の稼げる場所として全国的に人気になっていることから、働いている女性を引き止めなければお店が回らない…なんて状態で営業しているお店も少なくなっているからです。逆に言うと、テキトーに働いてお客様からの支持を得られない稼げないキャストと認識されてしまうと、お店側から来なくていいよなんて言われてしまうような業界になっているのです。
もちろん、お店の中でも稼ぎ頭の女性は、しつこく引き止めに合う…なんてこともありますので、どうしてもやめられない…なんて状況に陥っている方は、弊社にご相談ください。

この記事を書いたスタッフ

スタッフS

飛田新地でのおススメのお店からライフスタイルのご提案、稼ぎたい金額の目標設定まで幅広くお話させていただいておりますのでお気軽にお問い合わせください。

LINE応募が簡単

ご質問・ご相談はこちらから
お問い合わせはLINEが簡単 →