飛田新地の求人サポートサイト

― 大阪・飛田新地で働きたい女性のための飛田求人情報サイト ―

飛田新地の歴史と場所

飛田新地は、大阪市西条区の山王三丁目一帯のことを指し、飛田遊郭ともかつて呼ばれていました。
現在は、飛田料理組合が組織され、料亭が数多く存在し、仲居さんとの自由恋愛という形で、昔と同じようなことが行われています。飛田新地の料亭の求人があるとしたら、単に飲食店で働くのではなく、性的なサービスを行います。
しかし、お客さんとの自由恋愛であるため、一般的な性風俗のイメージとは違う点もあります。
どちらかと言うと、遊郭に近いですね。日本最後の遊郭と言われる飛田新地の歴史を見てみましょう。

飛田新地の歴史は?どうして料亭という形態で存続?!

飛田新地の歴史は、それほど深くなく、明治45年に始まったとされています。
遊郭という言葉は、幕末などかなり歴史を感じますが、ミナミの大火と呼ばれる難波新地乙部遊郭が全焼した大火事があり、もともとその地域で働いていた方は廃業してしまった。
その方々によって、飛田新地は誕生しました。

明治・大正時代には、花街として栄え、第二次世界大戦の戦火も免れたことから、長らく繁栄していたのです。
戦後も公認で売春が行われ、1958年の売春防止法によって、現在の形に変わっていったのです。

法規制を逃れるため「飛田料理組合」として表向きは変わりましたが、実態は以前と変わらずお客さんとの自由恋愛を元にした性的サービスが行われているのです。

昔の雰囲気を楽しむ場所!妖怪通り

飛田新地は、古き良き時代の趣を残したお店がいくつかあります。
通常は、青春通りとメイン通りが遊ぶのに最適です。可愛い子が揃っているため、自分の中でストライクゾーンの子がいたら、その子と自由恋愛を楽しみましょう。
歴史を感じさせてくれるお店は、妖怪通りに多く、驚くべき姫がいるため、中々お店に入る人はいませんが、安く遊びたい場合は、値切り交渉も可能かもしれません。

かつては若くて美人だった方も年齢を重ねたことによって、お店を移ってきた方々です。
飛田新地とともに歩んできた方もいるため、違った形の楽しみ方ができるかもしれません。

せっかく遊びに行くならば、飛田新地の雰囲気も楽しみながら、じっくりと選びたいですね。
もちろん、好みの女の子と遊びたい場合、より好みをしてしまうと二度と会えなくなる可能性もあるので、度胸と行動も必要です。

女の子は様々な理由で求人を見てきたかもしれませんが、他では会えないようなハイクオリティの子がいるのは魅力ですね。